嘘つきは死なない

 

この僕の性格(知らないうちに人を傷つける)に病名でもついたら、いじめられないし、少しは楽なのかな、、、

 

このブログは自慰行為だと思ってるので、だれも読んでいないのは知っています。

 

ただ僕が結婚して、子供が出来て、さらに孫ができて、僕が死んだとき遺品整理中にこのブログが出てきて、とてつもなく恥ずかしくなるを想像するとにやにやが止まらないのです。

 

でも読者は、ほしいものです。

調べました。

 

「ブログ 読者 増やし方」

 

その結果、

 

一つのテーマに絞ると伸びやすくなるそうです。

 

つまり

僕は1つの記事につき1アルバム紹介していこうかなと、

 

さて本題、、

 

今回のアルバムは、Never Mind the Bollocks 

f:id:dtkssk:20170414212343p:plain

 

セックス・ピストル唯一のスタジオアルバムである。1977年10月28日リリース

セックス・ピストルとは、エリザベス女王在位25周年祝典の日、英国国歌と同名の曲「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」をゲリラライブし逮捕された伝説のバンドなのです。

 

1996年「俺達には共通の目的ができた、それは金だ!」といい再結成。

 

とにかく世界で一番のパンクなバンドなのです。

 

アルバムに収録されている曲は、

 さらばベルリンの陽 - Holidays in the Sun(3分20秒)
 ボディーズ - Bodies(3分03秒)
 分かってたまるか - No Feeling(2分49秒)
 ライアー - Liar(2分41秒)
 ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン - God Save the Queen(3分19秒)
 怒りの日 - Problems(4分10秒)
 セブンティーン - Seventeen(2分02秒)
 アナーキー・イン・ザ・U.K. - Anarchy in the U.K.(3分32秒)
 サブミッション - Submission(4分10秒)
 プリティ・ヴェイカント - Pretty Vacant(3分17秒)
 ニューヨーク - New York(3分05秒)
 拝啓EMI殿 - E.M.I.(2分57秒)

 

僕のおすすめの曲は

ライアー

ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン

の2曲

 

ライアーは、これ以上嘘ついたら縁切るぞって曲、この相手は友だち、恋人、上司、家族いろいろ考えられるけど、僕は社会・政府に向けてだと思う。イギリスにぶち切れ寸前なのです。

 

ゴッド・セイヴ・ザ・クイーンは、あの英国国歌と同じ名前の曲、完全にぶち切れてます、つまりライアーの続編です。祝典の日にゲリラライブをするプロモーションでCDはバカ売れ。

 

まとめ

セックス・ピストルズは王室・政府・大手企業などを攻撃した歌詞など、反体制派のスタイルが特徴。また、短命でありながらも、後世のミュージック・シーンやファッション界にも多大な影響を与えた。wikiより

ビートルズが光なら、セックスピストルズは闇、

ってこんな話興味ないって?

 

 

Never Mind the Bollocks→勝手にしやがれ